<< 心機一転 | main | 苦し >>

スポンサーサイト

  • 2009.04.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


とびら

人には様々なとびらがあるんじゃないかと思う。
そして、そのとびらには鍵が付いている。
しかし、その鍵は1人1人ちゃんと持っていて、鍵を閉めることも、はたまた開けることもできる。
例えば、勉強。
勉強は日々の積み重ね、つまり努力という名の鍵だ。
努力してとびらを開けるのか、努力せずに鍵を閉めるのかは紛れも無い自分自身だ。
鍵を閉めるのは、とても簡単。
しかし、開けるには大変な思いをしなければならない。
閉めるのが簡単だから開けるのも簡単と言うわけではないのである。

結局のところ、自分自身の可能性を切り開くのは自分自身であるということ。
とびらを開けるのも自分ならば、閉めてしまうのも自分なのだ。



ちょっとカッコつけました笑
でも、この文書を自分自身の戒めにして頑張りたい。


スポンサーサイト

  • 2009.04.01 Wednesday
  • -
  • 22:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM